スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タックへ

実家の弟、タックが急逝しました。

先月の20日、11歳と3ヵ月。

実家の子になってちょうど11年。



近くで仕事をしていた父が気付かなかったくらい静かに

眠ったまま逝ってしまったそうです。


表情に苦悶の痕はなく

駆けつけた私をじっと見つめる大きな目は

生きていた時のまなざしそのままで

なのにその顔に触れるともう冷たくなっていました。

生きている時と同じ表情なのに。

何か訴える時のいつもの目で見つめているのに。

ほんと。ウソみたい。



全然信じられないよ。タック。



泣いて泣いて体を撫ぜながら思い出すのは

何故かタックの小さかった頃の姿。

タックがまだ実家に来てまもなかった頃の様子。

それがついこないだの事に思え

犬の一生の早さが恐ろして恨めしく思った。




いつかこの日がくる事を承知しているつもりだった。

わかっていたはずだったのに…

こんなにも儚くあっという間なんだね。

小さく弱々しかったタックを迎えた日

たったこないだじゃなかったっけ。



きっともっと生きたかったよね。タック。

おねえちゃんもずっとずっと温かいタックと一緒にいたかったよ。





タック。

まださよならしたくないよ。


3_20140407004602e77.jpeg

4_2014040700460368f.jpeg




実家で迎えたタックがあまりにも可愛かったので

自分が迎えるのもキャバリアしかないと決めポコを迎えました。

ポコと出会えたのもタックとの出会いがあってこそ。



心臓発作でした。

父は、近くにいても助けも呼ばず気付かなかったくらいだから

きっとさほど苦しまず安らかやに休んだはずだと言っていましたが

それでもどうしようもなく悲しい。

ごめんね、もっともっと一緒にいて優しくしてあげればよかったね。

訳が分からなくなり反省するしかなかったり。

そんなのもう遅いのにね。


ごめんね。

ありがとう。


お別れを言うのは嫌だけど

お空では最近のしんどい体じゃなく昔の健康な体に戻って

いっぱい走って遊んで、みんなにいっぱい可愛がってもらうんだよ。


タック、元気でね。






スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

たまこ。

Author:たまこ。
 東男キャバリア・ポコの大阪生活を
 とりとめもなく、そこはかとなく・・・

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。